みんなが使っているインジの基礎 ~ストキャスティクス編~

どうも!

サイのツノは毛。

 

カンノです

 

今回はみんなが使っているインジの一つである

ストキャスティクスについて書いていきます。

特に株式の動きの波の短期的な下部分と上部分(天井と底)を
当てるのに役に立ちます。
 
 
見方はRSIなど他のオシレーター系と同様で、
上部70%が「買われ過ぎゾーン」=「売りサイン」、
逆に下部30%が「売られ過ぎゾーン」=「買いサイン」となります。
 
 
 
ストキャスティクスは
%K、%D、%SDの3つの構成要素でできています。
 
 
%K →現在値が、ある期間の最高値と最安値の間のどの水準にあるのかを示す
 
%D →%Kの数値を、ある期間で平均したもの
 
%SD   →%Dの移動平均線
 
 

20%以下で%Kが%Dを下から上抜いた時に買い、

80%以上で%Kが%Dを上から下抜いた時に売り、

というような見方をします。

 

 

よし、じゃあ、今日はここまで!

ご覧いただきありがとうございましたm(_)m

 

________________________________________

↓ 最後におねがいです ↓

ここをぽちっと押してね

ここをぽちっと押してね

 

↑ ランキング参加中です! ↑

 

応援してくれたらうれしいです^^

 

バイナリーのブログランキングのページに

変わったらそれで完了なので2,3秒で終わります。

 

2つとも押してくれたらありがたいです。

 

よろしくお願いしますm(__)m

________________________________________

 

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL